2011年4月1日 のアーカイブ

東北関東大震災20・ににん発送

2011年4月1日 金曜日

「ににん」の印刷所は広島県三原。荷物を発送した受付時間が3時15分だった。そうして到着したのが翌日31日の午後三時だった。こんな時期にもかかわらず凄い早さである。真夜中を「ににん」の詰ったダンボール箱を載せた車は、山陽道や東海道を走り続けてきたのだろうか。

いつものように、宛名ラベルとメール便シールを貼った封筒を用意しておいたので、到着と同時に封筒詰めを始めた。それで、真夜中までと今日の午前中を使って終らせた。なにしろ、そういう段取りで集配をお願いしてあったからだ。そこで七通ほど受付られないと弾かれた雑誌が残った。全部被災地である。残された宛名の人達は多分程度はいろいろかもしれないが、難儀をしているに違いない。

東北関東大震災19・貨車

2011年4月1日 金曜日

長き長き春暁の貨車なつかしき    加藤楸邨

我が家の最寄り駅は東武東上線とJR武蔵野線の交差駅。その武蔵野線はもともと貨車を通すのを目的に作られたものなので、貨車にはよく出合う。しかし、加藤楸邨の句のような長き長き貨車という感じではない。確かに昔はまだ続くのかと呆れながらその通過を待ったものだ。

このごろはそんなに長い貨車は通らない上に、貨車はところどころにコンテナが乗っているだけであとは空車なのである。もったいないなーと思いながら眺めていた。貨車自身も何だか白けながら走っているように思えた。ところが今日は行きも帰りも端から端まで重油タンクを積んだ貨車だった。貨車も働く時が来たかのようだ。

この現象も地震のせいか、或いは原発事故のせいだろう。今回の原発事故はだんだん深刻になってゆく。今日は津波で亡くなった人から放射能が検出されて、その処置に困惑しているニュースが流れた。もしかしたら、子供たちだけ安全な地域に疎開させる、なんてことにならなければいいが。

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.180 sec. Powered by WordPress ME