2012年2月 のアーカイブ

『現代の俳人像』 ・戦前・戦中生れ篇 2012年2月 東京四季出版

2012年2月28日 火曜日

burogujpg

B5版のこの本は「俳句四季」に毎月発表されていた「今月の華」の頁から戦前、戦中生れの俳人161名を一集におさめたもの。見開きの初めに作者の一句を掲げて、その句にまつわるエッセイと著者の肖像のカラー頁が飛び込んでくる。それは、おのずと秀句集の形態をとっている。

   薔薇園を去れと音楽鳴りわたる         喜代子

出版社の依頼の一句をどれにしようかと思っていたときに、この句を口ずさんで下さった方がいたので、思わずこれに決めてしまった。

ipad その3

2012年2月28日 火曜日

ipadが普及し始めたことで、ブックスキャンを行う会社も増えたようだ。検索してみると、どれがいいのか、どんな仕上がりになるのか解りにくい。それ以上に作業を完成させてくれるのに要する日数に巾がある。取りあえずお試しにと3社に依頼してある。一回目は「急ぎ」という特別依頼で2週間くらい。今待っているのは、その急ぎという特別料金が必要無くて2週間くらいの出来上がる会社。もう一か所は一ヶ月以上の日数が必要で、しかも、作業に取り掛かれる予定日の一週間前くらいに品物を納入してくれというややこしいもの。清水哲男さんが頼んでいるいるところは、「二、三日だよー」と言っていたので、かなりいろいろだ。

日数のみならず、依頼の中身もいろいろなメニューがある。本の頁数によって一冊でも二冊分の費用が必要なところ、これは案外普通のようである。「タイトルをオリジナルにする」「文字の大きさを指定」「ocr使用」とか。しかし、最初にお試しで行った会社は、そうした条件のチエック項目がなかったが文字検索が出来て、一番懸念していた箇所をクリアしている。とりあえず、使い慣れるしかない。あと、慣れなくてはならないのが、もう一つの電子書籍を買う方法である。

iPad その2

2012年2月12日 日曜日

iPad 2を買う前から、一冊だけスキャンを依頼してあったものが届いたのでやっとインストールの段階にこぎつけた。データーをパソコンで開くとただのAdobeデーターだが、ipabに入れると頁が指で繰れるようになる。すぐれものだー。「ににんもスキャンして公開するといいね」という清水さんの発言で、それも追々実現するだろう。

とりあえず青空文庫をダウンロードしてみた。その中の何冊かを専用の本棚に置いたのだが、3冊まではうまくMY本棚に入ってくれたが、その後何度こころみても本棚に入ってくれない。やっぱり使いこなすまでの道程は遥かかもしれない。
120212_0110~010001

ipad

2012年2月2日 木曜日

ipadを買い求めた。私の目的の第一は読書と本の保管場所とすること。それで知ったのだが、ブックスキャンの値段の易さである。200頁までぐらいは百円である。しかし、日にちがかなり掛る。一番早そうな所に「急ぎ」のコースで割増料金を払ってとりあえず一冊を申し込んである。急ぎにしても2週間くらい掛るようだ。それでipadは手にいれたが、まだ目的の操作は出来ないでいる。

携帯のiphoneとともにこの機能の多岐に渡ることに吃驚。声がそのまま文字化される。それっていままでのようにテープ起しなどという操作はいらなくなるようだ。
120202_1938~010001

帰り道で雪達磨を発見。この寒さのおかげで、まだまだ健在でいられそうだ。

120201_1043~010001

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.271 sec. Powered by WordPress ME