2022年2月 のアーカイブ

俳句月評 佐久間敏高

2022年2月5日 土曜日

「ににん」夏号(通巻八三号)
 平成十二年秋、埼玉県朝霞市で岩淵喜代子が創刊。「『同人誌の気概』ということを形にしてゆきたい」をモットーとする季刊誌である。代表岩淵喜代子、編集長は川村研治である。

 本号は同人誌谷原恵理子句集『冬の舟』を特集とし、山野邉茂、林誠司の両氏が当該句集を多角的見地から論評している。また、同人の作品群は、「ににん集」「さざん集」にあいうえお順に収録されている。
 本誌は一般の俳誌と異なり、選評が少なく、高橋寛治の「定型詩の不思議」、西村麒麟の「僕の愛する俳人」、正津勉の「詩歌紀行」の連載など評論やエッセーが圧倒的に多いのが特徴である。また、「ににん集」は、全句が「危険」をテーマとしているのが興味深い。

「ににん集」より
  鏡のやうな冬の泉は危険です    岩淵喜代子
  目にみえぬ危険の匂ひ春の闇     川村研治
  その角は危険な香り冷奴       木佐梨乃
  石鹸玉うすく危険な世を映す     木津直人
  危険なる春爛漫の地球かな      栗原良子
  危険には匂ひありしか沈丁花     小塩正子
  危険とは恐れることよ草いきれ    高橋寛治
  蛍火の危険な闇を手探りで      武井伸子
  危険な男に白き単衣を着せてみる  谷原恵理子
  香水の瓶は鶴首危険な夜      近本セツ子
「さざん集」より
  ロシアンひまわりお辞儀ばかりの母 田中美佐子
  引き鶴の如く旅立つ吾が厳父     千葉 隆
  抱かれて藤房に手を触れし子よ   同前悠久子
  箸莪の花空家となりし写真館     中島外男
  髪留めに溢るる髪や夏近し     服部さやか
  青葡萄寺院の白きロマネスク    浜田はるみ
  急かされて吉野葛買ふ花の雨     牧野洋子
  終点は線路の先の夏の湖      三島やよい
  バス停まる能登半島の青岬      宮本郁江
  連弾の街角ピアノ蔦若葉      村瀬八千代

「ににん」のホームページには、「俳句の俳とは、非日常です。日常の中でもう一つの日常をつくることです」とある。本誌は、「俳誌」というより「文学同人誌」的色合いの濃いのが大きな特徴であり、季刊誌「ににん」がその独自性を保持しつつ、更なる発展を遂げるよう期待し見守ってまいりたい。

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.264 sec. Powered by WordPress ME