2020年7月 のアーカイブ

鬼アザミ

2020年7月31日 金曜日

アザミ

鬼薊と勝手に呼んで、そのたくましさに出会うたびに吃驚していた。大きさだけではなくその棘で人が刺せそうな鋭さなのである。子供がうっかり倒れ込んだら大怪我になりそで、草花などとは侮れない植物である。

今日改めて鬼薊をネットで調べてみた。鬼薊は本当の名はモリアザミと言い、巷には育たないという。写真のアザミは外国から紛れ込んできた別種で、モリアザミと勘違いしてはその根を食べてはいけないようである。

7月も終わりかけている。コロナの猛威は収まりそうにない。今日は400人を超えるらしい。ににんの編集も、このコロナ禍のお陰で集まらなくても熟せる方法をいろいろ習得した。

作今、ズームとかリモートとかで人が集まらないでも世の中が回るようになってきた。しかし、それが先行して、校舎を持たない学校なんか出来るようにならないことを願う。ににんの今回の兼題は「反対」だ。

ゴーヤ

2020年7月30日 木曜日

IMG_0692昨年までは連れ合い任せのゴーヤだったが、今年は自分で植えてみた。と言っても何処へ延ばせばいいのかわからない。植えた場所が木犀の木の隣だったので、放っておけば木をよじ登るだろう。そうさせないためにベランダから何本も綱を垂らしてその綱へ誘導した。ようやくベランダに届いた。何個か収穫もできた。やれば出来るもんですね。

東京が今日のコロナ感染367人。恐ろしいはずなのに実感がない。周囲で見たこともないし、コロナ禍で大惨事になったという実態はテレビの中だけのようにも思えてしまう。それでも毎日毎日コロナにかかった人がいる。大昔、スペイン風邪も今回のように多くの人が亡くなった。

島村抱月もスペイン風邪で亡くなった筈である。須磨子はその抱月の詩集を纏めるべく原石鼎を訊ねてきている。今まで、どうして石鼎を訪れたのか分からなかったが、島村抱月は島根県生まれというところに鍵がありそうだ。大正7年のことである。

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.320 sec. Powered by WordPress ME