2019年4月 のアーカイブ

花の雨

2019年4月10日 水曜日

このところ、いつも窓からの景色を眺めながら、「今日は出かける日ではなくてよかったな」と思うのである。そうして、外出のたびに「昨日でなくて良かったですね」と、好天気を称え合うのである。

前から予定されていた約束で、花見のためでもない外出だったが、自ずと落ち合えば桜のある所へ誘われる。また、不思議に出かける日は好天気なのだ。下旬に桜のための旅行が控えているのだが、こののりで好天気になればいいと願っている。。

DSC_0859毎年桜のためにだけ集まるグループだ。その上、この旅はすべてお任せにしてあるので、計画表が回ってきてもよく読まないまま、指定された切符を間違いないように買うことだけを心がけている。

こう書いていくと、さぞ壮観な桜見物を想像するかもしれない。あるいは、さぞ有名な桜のために足を運ぶのだと思われそうだ。しかし、本当は名もない一本の八重桜だったりするのである。強いて、その桜に集まる理由は、周囲に桜がなくて、その桜がただ一本聳えているだけみたいなときもある。しかし、行き着いてしまいば、そのただ一本だけの桜を訪ねてきたことに納得しているのである。

さくらさくら

2019年4月5日 金曜日

さくら西新宿のビル群の狭間にある桜。そんなに見物人がいるわけでもなかったが、二、三人去ると、二、三人が現れるという感じで桜を愛でていた。

写真はその寺の天水桶を覆った花びら。カメラを構えた自分の半身の影が写ってしまった。昨日は強風の一日で外出をする気にもなれなかったが、今日は20度ぐらいにはなったかもしれない。

食事もまた、ビル群のこんなところに、と思う様なレストラン。本来なら大きな規模の建物なのかもしれないが、周囲があまりに高層ビルばかりなので、桜同様に、狭間にあるレストランという感じだった。

令和元年

2019年4月1日 月曜日

本日11時に新たな年号が発表された。「ににん」の句会の日の途中で、それぞれが携帯で確認していた。発送したばかりの「ににん」74号は平成最後の発行誌だ。次の「ににん」75号は令和元年の第一号目になる。

令和(れいわ)
英弘(えいこう)
久化(きゅうか)
広至(こうし)
万和(ばんな)
万保(ばんぽう)

候補は以上だったと言うが、収まりのいい濁りの入らない発音に落ち着いた感じである。さらに特徴的なのは、純国書万葉集から選ばれたことのようだ。

中国の秦の始皇帝が元号の統一によって全土を収めた。それ以前の中国は、諸所で勝手に年号を決めていたようである。始皇帝が決めた年号に従わなければ反逆とみなされたのだろう。そんなお触れも出したに違いない。

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.377 sec. Powered by WordPress ME