2018年6月 のアーカイブ

螢に出会う

2018年6月13日 水曜日

DSC_0479  神奈川県にある県立四季の森公園は螢が園内のいたるところに湧く。その公園が横浜線の中山駅から10分ほどで行ける場所にある

久しぶりに「ににん」の仲間たちと蛍狩りに出かけた。中山駅に辿りり付いたのが3時過ぎだったので、駅近くで一服してからでもいいと思ったが、夏至にちかいこの時期は、なかなか暗くならない。

菖蒲園の盛りはとうに過ぎていたが、残り花がかえって楚々とした風情で広がっていた。螢見物の親子連れがたくさん訪れていたが、やはり蛍は暗くならないと現れない。

仕方がないので、おもいおもいの場所で闇を待った。蛍はやはり時間通りに現れた。ここの蛍狩はいろいろな人と訪れている。数えればきっと10回以上になるだろう。1年に2度も3度も訪れた時もある。

蛍の数はこれまでの蛍と比較すると、中くらいの数だったかもしれない。

「ににん」71号校了

2018年6月7日 木曜日

IMG_20180607_0001

何回「校了」と書いただろうか。たぶん71号が出来たのだから71回叫んでいるのかもしれない。我ながらよくも続いたものである。

データーも紙焼き印刷所に入れた日の解放感のなんと快いことか。

だがだが、なんとこの日の朝刊の三面には恐ろしい事件があった。5歳の女の子が親の虐待によって死亡した事件である。

左の写真はその女の子が書き記した文章である。親が文字を教えていたらしいが、その教育がゆき過ぎているのだ。朝4時から起きて勉強をさせていたらしい。

子を育てた人ならわかると思うが、5歳の子供がこんなに文章を綴れるのは稀なことなのである。ママ母という言葉は昔からあったがママ父という言い方はかってなかった。それは父親は外に働きに出ていたからだろう。

この父親は仕事もしていなかったのかもしれない。社会に繋がっていない人間は怖い。人間の本来保有している状況判断も失うのである。なんだか切なくて、やり切れない憤りの湧く事件である。

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.409 sec. Powered by WordPress ME