2011年9月12日 のアーカイブ

東京ポエトリー・フェスティバル 終了

2011年9月12日 月曜日

9日の夜から始まった東京ポエトリー・フェスティバルも無事に11日に終った。私の出番は11日の午前中。トップの朗読者は岡井隆氏で、80歳を越えていると読み始める前におっしゃったが、なかなか力強い朗読だった。いろいろな朗読者がいるもので、ギネマと名乗る朗読者の名前から外国人かと思っていたら、日本の女性。「演じる俳句」と言ったほうが解り易い。すでにいろいろな舞台で演じてきているようだ。

引き受けるときには、そんなにたくさんの句を朗読するとは思っていなかったが、「神話、その彼方へ」をテーマに25句を朗読することになった。過去の作品からのテーマに添った抜粋で選んだ句は以下の作品。「神話、その彼方へ」とは私なりにすべてのものが共存する世界、というふうに受け止めた。その共存の世界を詠んだもので、編集したのが以下の句。とにかく三日間連続は疲れたー

国津神

太古より壺は壺形初明り
終の雪白樺に降り馬に降る
名にし負ふ黄泉比良坂シャボン玉
伊邪那岐に伊邪那美ありて亀鳴けり
花ミモザ地上の船は錆こぼす
春眠のどこかに牙を置いてきし
十二使徒のあとに加はれ葱坊主
恋猫のために踏切り上がりたる  
語るたび瞳に夏雲を映しをり
噴水の虹は手にとる近さなる
逢ひたくて螢袋に灯をともす
金銀の毛虫は何処へいくのやら
天上天下蟻は数へてあげられぬ
緑蔭の馬の生年月日読む
スカンポを国津神より貰ひけり
国涼し一番鶏に目覚めては
魂も柘榴もひとつとかぞへをり 
鬼の子や昼とは夜を待つ時間
角(つの)のなき鹿も角あるごと歩む 
地獄とは柘榴の中のやうなもの
まるごとが命なのかも海鼠とは
狼の闇の見えくる書庫の冷え
かたはらに獏も冬眠するらしき
天地(あめつち)に影置かぬ鳥冬の旅
万の鳥翔ちて一羽の白雁も

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.354 sec. Powered by WordPress ME