直会の取りはづしたる春障子    榎本とし

神酒や神饌が供えられて、家の中ではあるがいつもとは違う世界がくりひろげられている。この句は春障子が季語ではあるが、その肝心な障子はみんな取り外されて、宴の隅に重ねられているのだろう。作者は榎本好宏氏の母堂である。

榎本とし句集『筍飯』  2017年    航出版

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.217 sec. Powered by WordPress ME