正津勉著 『河東碧梧桐』 2012年7月 平凡社新書

syouzubenn
正津氏が碧梧桐に感心を寄せたのは全国行脚『三千里』にある。
それは自身が山を愛している所縁だと思う。そうしてもう一つの理由はタイトルにも付されているように「忘れられた俳人」であることに憤慨しているのである。
子規の双璧だった虚子と碧梧桐、それがなぜ虚子だけが抜きんでてしまったのか。「ににん」の今年前半まで連載していたものが立ちどころに一書になった。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.255 sec. Powered by WordPress ME