角谷昌子著『山口誓子の100句を読む』2012年7月 飯塚書店

 「100句を読む」という本はこれまで随分出ている。しかし、今回の角谷さんの本はそれらと一線を画した重厚な内容である。単に一句一句の鑑賞だけではないからだ。 それはもう評伝と言っていい内容である。

 この一書は生前の八田木枯氏から依頼を受け、その100句を選ぶことも木枯氏が関わっていたのである。角谷さんは誓子は自分から遠い俳人と言う認識を持っていたので、初めは戸惑ったようであるが、それがむしろ怜悧に一俳人と向き合えたのではなかっただろうか。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.302 sec. Powered by WordPress ME