2016年10月4日 のアーカイブ

石鹸玉弾けて残る風の色   峰崎成規

2016年10月4日 火曜日

大方の人にとってしゃぼん玉は、夢の象徴のような存在として捉えられていると思う。そうしてそのシャボン玉の行方を追う詩や歌は多い。そのすべてがシャボン玉が弾けたところで終わりになる。しかし、この作者は、そのあとも見届けているのである。(風の色)が独創的である。

(峰崎成規句集『銀河の一滴』 2016年  鳰書房)より

躓くや涼しき尾つぽなきゆゑに   大木あまり

2016年10月4日 火曜日

原初人間には尾があったらしい。記紀には、吉野の井氷鹿(いひか)に棲むと名乗り挙げた話が出て来る。否、そんな事実が有っても無くても、作者は尾を涼しい存在として捉えているのだ。

「大木あまり第六句集『遊星』  2016年  ふらんす堂}より。他に(簾して野の匂ひする仏間かな)(パーティーや海の朧を見渡して)(たんぽぽの絮吹かれくる西日かな)など。どの句も遠近・日常と非日常の重なるあたりに視点を置いている。

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.297 sec. Powered by WordPress ME