2015年12月8日 のアーカイブ

藺草慶子『櫻翳』 2015年 ふらんす堂

2015年12月8日 火曜日

水に浮く椿のまはりはじめたる
十人の僧立ち上がる牡丹かな
大寺の日向水とて顔うつす
わが身より狐火の立ちのぼるとは
海鳴にたたみて厚き蒲団かな

行方克己第七句集『素数』 2015年 角川書店

2015年12月8日 火曜日

かなかなのかなかなかなと揺り返す
しろながす鯨のやうに雪残る
愚かなることを愚かに大念仏
素数わが頭上になだれ冬銀河
冬ひばり極みに梯子外されて

星野光二第三句集『弓勢』  2015年  文学の森

2015年12月8日 火曜日

方蔭や海抜ゼロの理髪店
人の名を思い出せずに赤のまま
初午や寅より機嫌よき狐
目覚むれば馬柵を越えゆく霧の音

鎌田俊句集『山羊の角』 2015年  恵曇舎

2015年12月8日 火曜日

冬薔薇のぞけば港ありにけり
流木の匂ひ手にあり寒昴
ばらの雨白い鯨が来るだろう
日だまりをひとつにつなぎ冬の園
抱けば子の熱きはらわた十三夜

長浜勤句集『車座』  2015年 本阿弥書店

2015年12月8日 火曜日

車座の老人月へゆくやうな
狼の夢見し布団干しにけり
紫陽花を剪つて誰かを許しをり
蓮見舟口をひらいて見送りぬ
膝ついて己消したる泉かな

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.183 sec. Powered by WordPress ME