星野光二第三句集『弓勢』  2015年  文学の森

方蔭や海抜ゼロの理髪店
人の名を思い出せずに赤のまま
初午や寅より機嫌よき狐
目覚むれば馬柵を越えゆく霧の音

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.231 sec. Powered by WordPress ME