2013年10月13日 のアーカイブ

齊藤朝比古第一句集『累日』   2013年9月   角川書店

2013年10月13日 日曜日

好感のを持つ句集というのは、この『累日』のような作品集を指すのだろう。石寒太氏は――普通のさりげない内容が、詠み込まれてみて、はじめて、なるほどこんなことをこんな風に詠んだ人はいなかったな、と気づかされる―ーと言っている。
たとえば

  やはらかきところは濡れてかたつむり

といった句はそう言われてはじめて俳句の詠み方を知ったような気になる。
一集はそうした句の連続である。もっとも、この句集は何回となく挑戦した俳句研究の応募の集積でもあるわけだから纏めるには膨大な捨てる句があったと思うのである。

  サングラス砂を払ひて砂に置く
  籠枕きしきし鳴いて定まれり
  熱きもの持つやうな指祭笛
  遠泳の水平線を抱かんとす
  父母は金魚の部屋に座りゐし
  睡るとき外す眼鏡や螽斯
  全員が十七歳や夏講座
  ひとつづつ影を増やして雛飾る
  青空の雫集めて氷柱かな

加古宗也句第四句集『雲雀野』  2013年九月  本阿弥書店

2013年10月13日 日曜日

冬ぬくしとは金堂のべんがら戸
むかごたつぷり茹で上げてあり朱泥鉢
逃げ水を追ひきて海の紺に着く
くちなしの香に風呂敷を解きけり
八雲忌の束ねてありし菊の花
東大寺山門に立つ孕鹿
冬瓜のいつもごろごろしゐいたり

俳味を映像的に詠みあげたことに魅力が発揮されている。
たとえば冬瓜のあり様にしても、見るときにはいつもごろごろしているという発見に滲む俳味などは、句集中の秀逸だと思う。

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.260 sec. Powered by WordPress ME