2011年10月6日 のアーカイブ

原子力発電 

2011年10月6日 木曜日

現在国内にある全54基の原発のうち、稼働しているのは11基だという。それで停電もなく暮らしている。勿論さまざまな処で節電モードを実行しているからだ。それにしても、54基は造り過ぎである。その事が今回露呈したわけである。現在の原子力発電も徐々に停止して欲しい。それで電気はどうするの、と言う声があがると思うが、人間は無ければないように知恵を働かせるように出来ている。

ときどき原子力は必要か、必要ではないかという馬鹿な議論が出ているが、それはおかしい。必要なら人間に悪影響のあるものでもいいという支離滅裂な論理である。原子力の怖さは、今回の福島原発で十分知った筈である。多分この恐ろしい現実がなかったら、日本はもっともっと原子力発電を作ってしまっただろう。9月11日に確か原発反対のデモ行進が都内であったのではなかったか。

その同時間に、ある舞台で短歌を朗読した著名な歌人が「今日は原発のデモをしているねー。しかし、あの原発で誰も死んでいないのですよね」というようなことを呟いた。あれれ、と思った。もしかしたら少し痴呆になったのかなとも思った。はやく、ドイツのように原子力発電は中止という法律を作って欲しい。

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.219 sec. Powered by WordPress ME