『たかんな』十月号 主宰・藤木倶子

他誌拝見  筆者 小泉静子
 
「ににん」三九号           

代表 岩淵喜代子
 平成十二年一〇月、朝霞市で岩淵喜代子により創刊。同人誌
の気概ということを追求していきたいとある。    〔季刊〕
   
「三島由紀夫の『憂国』を詠む」
  黙契の懐剣しかと二月尽         伊丹竹野子
「きむらゆういちの『あらしのよるに』を詠む」
  掟より守りたきもの冬董         望月  遥
   
「代表作品」より
  万の鳥翔ちて一羽の自雁も
  万巻の書のひしめきや桜散る
  万行の果ての薔薇の芽牡丹の芽
   
「ににん集・万」より
  万緑や耳をすませば羽の音        武井 伸子
  万代も此の地に咲くや曼珠沙華      中島 外男
  鳥海山万年雪は雲に触れ         長嶺 千晶
  万蓄の椿息づく地蔵院         西田もとつぐ
   
「さざん集」より
  うす赤き脚ふんばりて雀来ぬ       田中キミ子
  水音もベースの音も五月の夜       同前悠久子
  まんさくや母の眺めし空のおり      牧野 洋子
  終電の音届きしか吊し雛         山内美代子
 
特集〈岩淵喜代子著『頂上の石鼎』書評〉を酒井佐忠氏が「精神の放浪性を探る」と題し書かれている。「放浪詩人」といわれた原石鼎。酒井氏は取材に伴う紀行文と資料に基づく作品
鑑賞を合わせて、著者の石鼎に寄せる視点と思考を考察している。「下連雀の眺め」清水哲男氏。連載評論は正津勉、田中庸介、長嶺千晶氏ほか随筆など多彩な内容となっている。「ににん」のさらなるご活躍を祈る。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.206 sec. Powered by WordPress ME