葛の根を獣のごとく提げて来し    岩淵喜代子

『風土』2月号   現代俳句月評  ・筆者・中根美保

「俳句」12月号(子規忌)より
獣でもないものを獣のようだという作句例は多いが、掲句は「提げて来し」が眼目。山に入り、澱粉を蓄えて肥大した葛の根を掘り出して来た人物の様子を詠んでいる。葛の根もまた猪などの捕獲物と同様、山の恵みという背景にあろう。

繁茂し過ぎて他の植物を駆逐するほどの葛の生命力も思われる。葛の根を「獣のごとく提げ」て来たのは、ときには山から本当の獣も提げ返ることだってある山の男なのかもしれない。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.499 sec. Powered by WordPress ME