氷瀑をしばらく雨の叩きけり    奈良文夫

(奈良文夫第六句集 『急磴』   2016年   ウエップ)より

氷った滝、その動きのない滝、しかも音もない滝をしばらく雨が叩いたのは、作者だったかもしれない。あるいは作者の思いが雨になったのかもしれない。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.259 sec. Powered by WordPress ME