虫の音のすみつく枕裏返す   藤野律子

全体に、シニカルな心情が具象化を促し、情緒的な季語に溺れないで対象を捉えている。たとえば、掲出の(虫の音)がそうである。鳴き尽している虫の音を(枕にすみつく)とすることで表し、その枕を(裏返す)によってふたたび虫の音を際立たせている。他に(はひはひができたるころの敗戦日)(靴下をねぢ込むポケット春渚)(帰省子に持たすタオルの洗ひたて)など。

藤野律子第二句集『風の章』 2015年 ふらんす堂

岩淵喜代子記

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.177 sec. Powered by WordPress ME