月齢をかぞへてをれば雪しずり    岩淵喜代子

評者 岩男 進

(個人誌「白い部屋」)月齢を数えているのだから、しずりは聞こえてくるのである。しずりが聞こえるには相当静かな環境が必要で、そのなかでひとり月齢を数えている。 釣りにいくのか月見の算段か。それとも占いか女性のコンディションか、障子に閉ざされた部屋の中はしかしあくまでも静寂である。「六曜」2014年36号 「575の散歩」より転載

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.249 sec. Powered by WordPress ME