谷口智行著 歌人に描かれた熊野『熊野、魂の系譜』 2014年2月 書肆アルス

熊野を訪れた人々、熊野を歌った人々を、熊野に棲んだ人々の作品から熊野を浮かび上がれせている。筆者谷口氏は神道以前にあって日本の原始宗教は、山川草木、自然界すべての物事に魂が宿り、あらゆる現象はその意志や働きに拠るとするアニズムであると、その跋で書き始めて、ーー本書をご覧頂く際、頁を捲ってふっと触れくる熊野の気、ひょいと顔を覗かせる歌びとたちの魂を感じて貰えれば幸いですーーと結んでいる。

熊野は不思議で奥深い風土である。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.189 sec. Powered by WordPress ME