『山彦』2012年7・8月号 主宰河村正浩   

愛贈誌紹介     筆者 河村正浩

○句集「白雁」(角川書店刊)  岩淵喜代子(「ににん」代表)の第五句集。
  
  今生の螢は声を持たざりし
  風呂吹を風の色ともおもひをり
  尾があれば尾も揺れをらむ半仙戯
  もの種の指にざらざら孫生まれ
  幻をかたちにすれば白魚に

 自由奔放に俳句を満喫している。それにしても沈潜としたこの抒情には不思議な感覚を覚える。それは洞察力の素晴しさでもあるが、季語が象徴的に扱われているだけに、読者にはそれらの何かを探り出すという愉しみがある。

  蟻地獄どこかで子供泣いてゐる
  天へ地へ道はつづきぬ葛の花
  山茶花や柩に釘を打だなくても
  鉄鍋の中の暗闇義士祭
  春の闇鬼は手の鳴るはうに来る

 切れの効果故か、その沈潜とした気息は平明ながら深みを帯びてくる。

  万の鳥帰り一羽の白雁も

 句集名となった句。万の鳥の中の一羽、それを詠む作者もまた一人。
  「あとがき」で。”書くことは「生きざま」を書き残すことだと錯覚してしまいそうですが、等身大の自分の後追いをしても仕方がありません。句集作りは、今の自分を抜け出すための手段のような気もしてきました”と。そして、”自分を変へる旅をしたいと切に思っています。言い換えれば「憧れ」を追う旅とも言えます”と。新しい旅立ちは始まる。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.347 sec. Powered by WordPress ME