俳誌『十七音樹』24号  代表平沢陽子

鑑賞 ――現代俳句月評     筆者 長井 寛

地獄とは柘榴の中のやうなもの  (俳句11月号より)  岩淵喜代子

あまたある地獄絵のなかでも丸木美術館の丸木俊・ひさ子夫妻が描いた絵は一際印象深い。原爆投下直後のその惨憺たるはさながら阿鼻叫喚の地獄絵の如、一度見た人の脳裏を離れない。火炙りになって逃げ惑う人の群れはあたかも熟れきった「柘榴の中のやうなもの」であると詠み放射能漏れの大惨事に強い警告を発している。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.287 sec. Powered by WordPress ME