鎌倉佐弓句集第五句集『海はラララ』 2011年  沖積舎

1953年生れ。2001年現代俳句協会賞受賞。

  畳涼し紙屑ゆっくりと開く
  たらちねの母でいっぱい冬青空
  雨脚ぽぽぽと蒲公英とじゃれている
  君のそば桜草なら咲いていい
  こつんと一つ骨壺に骨咲いた

以前の句には「サイネリア待つといふこときらきらす」「母と子と雀にフランスパン一本」「黒葡萄父をまぶしく見し日あり」定型の切れがあったが、その枠をさらに取り払ることを、意識しながら作り始めている。口語調、というだけでもなぜか若々しいものになることを知る。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.709 sec. Powered by WordPress ME