発掘の石に番号鳥の恋    菅 美緒

菅美緒第三句集『左京』2016年 ふらんす堂

即物的な描写で発掘の石に番号の振られてゆく光景が展開されている。
日常のようでいて日常とは少し違う空間。発掘の石同様に、そこにある鳥の恋も太古から続いているのである。(菅 美緒第三句集『左京』2016年 ふらんす堂)他に、(炎昼の牛舎に牛の目があまた)(引き抜きし根ぞたのもしき薺摘み)(日脚伸ぶ甍に糸屑ほどの魚)など。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.288 sec. Powered by WordPress ME