夜光虫の水をのばして見せにけり    岩淵喜代子

「太陽」10月号 【秀句の窓】 筆者・高下なおこ

夜の波間に漂って青白い光を放つ夜光虫。昏い海面にゆらゆらと揺れている様は幻想的である。正体不明の夜光虫をズームアップして見つめる作者と夜光虫とのやりとりが微笑ましい。「水をのばして見せにけり」に作者の感性がひかる。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.336 sec. Powered by WordPress ME