星野高士句集『残響』 2014年  深夜叢書

『破魔矢』『谷戸』『無尽蔵』『顔』に続く第五句集。

雪折の音に眩しさありにけり
凍鶴の一歩は永遠の歩みなり
冬めくや知る人もなき蝶の息
大根を引いて何かが遠ざかる
二の酉の夜空に星の混んでをり
麦秋の空に鴉の通る道

音が眩しいと言い切るとき。、凍鶴の一歩が永遠だとする切り込み方に。
3句目の(蝶の息)の提示、4句目の大根を抜いた感覚が(何かが遠ざかる)としながらムードに陥らない実在感。
5句目の(混んでをり)というネガテイブな言葉遣いであるにもかかわらずポジテイブな風景に反転している技の冴え。。
麦秋の鴉が空を飛ぶ光景に加えた(通る道)による虚実皮膜の風景。
多彩な抽斗を持つ作家だと思った。そうして、句集全体を貫く「明快さ」が快く響いてくる。それは、別の言葉に置き換えれば星野氏の得た諧謔なのだろう。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.330 sec. Powered by WordPress ME