『俳句とは何か』栗林 浩  2014年  角川学芸出版

俳論アンソロジー『俳句とは何か』という極めて直截的なタイトルである。
句作をするということと「俳句とは何か」という問いかけをしてゆくことは俳句に関わる中での両輪なのである。
栗林氏はそうしたテーマを底流におきながら、俳句を作り続けてきていた作家である。そうして高浜虚子・山本健吉・高橋睦郎・小林恭二などなどの俳句論を考察のあと、解説にかえて「私にとっての俳句とは」で終わっている。

この構成をみても、読みやすく、しかもわかり易い一書である。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.304 sec. Powered by WordPress ME