岸本尚毅著『高濱虚子の百句』 2013年  ふらんす堂

きしもと

「取り上げた百句は、二物配合を念頭に置いて抽出したもの」と著者自身が書いている。

一つ根に離れ浮く葉や春の水

取り合わせの句は、ともすると公式に添わせがちで、たぶん句会では座五の水が余分ではないかと論じられるところだが、岸本氏は最後まで水から目を離さない。文字を増やして複雑にしないのだ、と解説して説得力がある。
新書版なので、持ち歩きならが気ままに開ける手軽さがうれしい。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.264 sec. Powered by WordPress ME