澤好摩句集『光源』 2013年  書肆麒麟

沖に起つ濤のひとつは嘶くも
空蝉に燈の宿りゐる妻籠かな
旅の酒過ごし闇夜が黒牡丹
春闌けてピアノの前に椅子がない
北国の蚊帳吊草に帰りつく
涅槃図を鼠出てゆく初しぐれ
集まつてみな棒立ちや青嵐
杉林雲に晩年あるごとし
うたたねの畳の縁を来る夜汽車
電信柱の軍隊が行く枯野かな

彼岸と此岸の狭間で詠むモノトーンの世界が展開されている。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.282 sec. Powered by WordPress ME