今年の螢

27日、公園に問い合わせると、ピークは過ぎたがまだ出ています、ということだったの発送途中の「ににん」をそのままにして出かけてみた。いままであちらこちらに螢を見に行ったが神奈川県立の「四季の森」公園ほど広範囲に、それも自然に身近に螢が飛ぶ場所はない。大雨のあとの好天気だから、螢が見られる気象条件には適った日でもあった。

昨年は吟行のあと食事をしながら螢を待つはずだったが、体調が思わしくなくって螢の出るまで待てなくてひとり先に帰ってしまった。その前の年は一緒に見に来た仲間が感激して、地方でならもっといいだろうと思ったのか、山形県の螢ツアーを探してきた。螢のでる場所を電車の中から見物するものだったが、思ったほどに蛍はいなかった。天候を見計らって訪れれば、かならず見られるのがこの「四季の森」公園だ。

七時半ごろになると子供連れの家族が集まりはじめた。公園入り口から約一キロのあたりまで葦原を片側にしながら進むと森の中に入る。そのあたりの水の上がいちばんの螢の見場所になるのだが、帰りは葦原を右に見ながら公園出口に向かうと、途中の木立の中にも螢がずっと現れた。なんだか久しぶりの光景に出会ったような気がした。

お陰で少し発送に手間取ったが、今日ようやくメール便を手渡した。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.190 sec. Powered by WordPress ME