原発稼働ゼロとなる

現在日本には原子力発電機は50機あるようだ。そのすべてが現在稼働中止になっている。休止の理由は個々の場所でちがうのだが、全体に共通している理由は、福島原発事故から起因している。とにかく、原発を使わなくても生きていけるのである。とにかく、ここで、原発禁止にするという国の方針が欲しい。

なぜ禁止にできないのか。必要だから、という答えになるのだが、必要なら危険でもいいという論理は成り立たない。国が禁止を決めてくれれば、それなりに電気事業が別の方法で始まる筈だ。現在その政府の方針が原発ゼロを掲げないために本来なら活発に起こる筈の電力開発が低迷なのだと思う。今日の原発稼働ゼロ日を記念日に電力を得る方法を根底から考え直して欲しい。取りあえず、原発禁止を掲げる政治家にこれからは一票を入れることにする。今の日本のもっとも大きな問題である原発について触れない、主張しない政治家などは、政治家の資格無しである。

今思えば東海原子力発電所のことだったと思うが、電力会社が見学会を行ったことがある。東海原発までいったのかどうかは定かではない。当時、原子力発電というものについての認識が余りにも無知であった。ただ、そこで、使いきった原発廃棄物をどこかに保管していることを説明していた。そこだけが妙に心に残っていたのは、年月の蓄積で、その原発廃棄物もどんどん増えてくということが気になっていた。電力会社は多分安全に保管されているからと言いたかったのだと思うが、安全である保管場所もひょっとして安全ではなくなる事態もあることである。

廃棄物といえば、毎日出る燃えないゴミ、というのも気になるのである。その量の半端でないのも気になるのである。市はその燃えないゴミを業者に委託しているが、それをどんな風に処理しているのだろうか。

コメント / トラックバック2件

  1. じあん より:

    ほんとに!!
    買って捨てればいいと言う生活をなんんとかしないと。

  2. どこかに埋めてしまっているのも怖いですよね。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.289 sec. Powered by WordPress ME