河内静魚句集『夏風』 2012年  文学の森

新書版の句集は持ち歩くのに便利である。「馬酔木」「寒雷」を経て「毬」創刊主宰。
馬酔木のおだやかな自然諷詠に「寒雷」の人生諷詠が加わった作品集である。『夏風』というタイトルの表紙には小さな窓を配した装丁。それもまたシンプルで、作者の俳句姿勢や俳句の詠みぶりに重なる

  避暑の椅子いつも遠くの見えてをり
  長雨を眺めてゐたり業平忌
  遅れずに来てやあと言ふクリスマス
  雨一滴すみれの国に落ちてきし
  空のある静かな村や鶏頭花

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.276 sec. Powered by WordPress ME