鷭の親子

110728_1236~04
都内の公園でこんなに奥深く感じる緑地帯はない。規模としては小さいのに、歩くたびに表情の違う茂りを見せる。石神井公園は特別な花壇を作るわけでもない。石神井川の水源の三宝池をとりまく自然林がそのまま保存されている。とうぜん沼沢植物群落として水辺の植物もとりどりに季節の顔を見せてくれる。
家から地下鉄有楽町線を使っていける石神井公園は身近な黒目川の次によくいく散歩圏である。

こんな恵まれた水源地であるから大昔は豪族であった豊島氏がこの水の支配の為、南の台地に石神井城を築城したのだ。今日は鷭の親子が岸辺から一メートル程の杭の上に姿を見せていた。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.288 sec. Powered by WordPress ME