灯篭流し

110724_1831~02黒目川の灯篭流しは3回目らしいが初めて出掛けてみた。6時半というのはまだまだ明るく、始まらないと思っていたが、すでにたくさんの灯篭が川に浮かんでいた。明るいから火が全く見えない。写真の灯篭も真上から覗くと確かに蝋燭が灯っているのである。

このぶんだと明るいうちに終ってしまうなーとやきもきしながら見物していた。暮れてきて、頭上を蝙蝠も飛び始めた。ようやくいかにも灯篭らしい灯を川面にも落としながら流れてゆく。灯篭の流れに合わせて、土手を歩いていると、一キロくらい下流で、灯篭を回収する作業をしている人の一団がいた。ごくろうさま。 110724_1908~03

 

 

 

 

 

ーー黒目川は、東京都および埼玉県を流れる一級河川。荒川水系で新河岸川の支流である。東京都東久留米市と東村山市、小平市の境界に位置する小平霊園内の「さいかち窪」に源を発し、東久留米市、埼玉県新座市、朝霞市を流れ朝霞市大字根岸で新河岸川へ合流する。ーー

ウィキペディアにはこんな説明が出ていた。源流がいつも墓参にいく小平霊園内ということを初めて知った。ここは両親の墓があるところで、毎年一度ならず墓参には行っているが、ついぞそんな気配を感じる場所はみたことがない。機会があったら、霊園内を歩いてみることにしよう。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.383 sec. Powered by WordPress ME