秋が来たようだ

日課にしている散歩道の土手には、いろいろな草花が生えている。ひとくちに雑草と呼んではいるが、透明感をもった芳しい草原になていた。その一つずつに身を寄せてみると、名前のわからない草花にも趣があった。
IMG_0595

それがこの数日のうちになんだか秋の気配を感じるような色合いを帯びてきた。もう枯れ色になっている。例年の普通の変化なのだろうか。

写真の真ん中を占めているのは青葦である。それだけが真っ青で、他とは明らかに違う。これから花をつけ筈である。葦の花、という季語があるが、意識してその花を見たことがない。今年は葦の花をしっかり眺めて覚えることにしよう。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.269 sec. Powered by WordPress ME