鬼灯を鳴らせば愚かな音なりし  岩淵喜代子

「饗宴」2018年1月号
現代俳句の窓   筆者・渡辺 澄

(「俳壇」10月号より)

まばらに自生した鬼灯の一角があり、好んでその場所で女の子たちは遊んだ。種を出し、空気を吹き込む、唇にのせてしずかに押す、たったこれだけのこと、すぐ失敗するようなはかない遊びであった。音程は同じで、一音ずつしか出せず曲を奏でることはできない。古楽器の類の音色だ。

子どもの頃感じた音色とは明らかに違う、それは哀しみと寂しさを超えた哀歌であった。正直に生きてきた人々にとって、愚直な音であり、愛しい音色でもある。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.247 sec. Powered by WordPress ME