百鳥』3月号・主宰大串章 

現代俳句月評   筆者 青池 亘

聞き取れぬことばも混じり海鼠売     岩淵喜代子
         「俳句界」1月号より

かって新しい言葉は都で生れた。故に、都から遠く離れた地方には古い言葉が残っているという。ひなびた海辺の市のことばに、聞き取れないものがあるのだ。しかし、旅人に(聞き取れぬことば)の中には、古層の日本語が生きているのかもしれない。どこかエキゾチックな句である。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.232 sec. Powered by WordPress ME