油のごとく研屋の使ふ秋の水   和田順子

一句の世界は(油のごとく)の一語に収斂していく。砥石の上に水を乗せて刃物を研いでいると、砥石と刃物の間の水が砥石から溢れるのだろう。それが、まるで油のようになめらかに、静かに地面を落ちる。作者の凝視がその水に注がれて動かない。
和田順子第五句集   2015年   角川書店

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.394 sec. Powered by WordPress ME