『桂信子文集』  2014年 宇多喜代子編  ふらんす堂

端から律儀に読んだわけではなく興味のあるところを開いては読んでゐいるうちに殆ど読み尽した。桂信子の文章は読みやすいのである。それは、文章を書くという意識より、自分の納得したことを言葉にしているからだろう。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.256 sec. Powered by WordPress ME