火の記憶鉄の記憶や蜥蜴生る   畠 梅乃

原初、火を使うという事は何にも勝る文明だったに違いない。そうして、この後に鉄の記憶と繋がることで一気に古代へ読み手を誘う。蜥蜴はまさに古生代の生き物として目の前に差し出された。この骨太の知的な構成とは別に(立春やからだの中の海の音)のような繊細な世界も詠んでいる。どちらの世界も歯切れのいい文体で纏められている。

畠 梅乃第一句集『血脈』 2014年 文学の森  序文。長嶋衣伊子

コメント / トラックバック1件

  1. 畠 梅乃 より:

    拙句集を御高覧、御高評いただきましてありがとうございました。
    これからもどうぞよろしくお願いします。 梅乃

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.259 sec. Powered by WordPress ME