『長谷川かな女全句集』 2013年12月  東京四季出版

_句集2

全集は第一句集の『龍謄』に続いて『雨月』『胡笛』『川の灯』『定本か女句集』『牟良佐伎』と遺稿である。
さらに後半は随筆集である。本来は夫である零余子の「枯野」を継いでもよかったのではないかと思うが、新たな雑誌を持ったのはなぜなのか、そんな経緯も期待している。
かな女は女性でも理知的な要素の強い作家だったのではないかと想像した。それが文章の一つが「加賀の千代」であることでも伺われる。随筆集では俳人でない著名な人物がつぎつぎと書き込まれていて惹きこまれる。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.276 sec. Powered by WordPress ME