日蝕

 今朝は日蝕を見るために目覚ましをセットしておいたが、それよりもずーと早く目が覚めてしまった。コーヒーもたっぷり飲み、朝食もとれた。もちろん日蝕用の眼鏡も買い求めてあるので、ときどき窓から陽を覗いた。快晴というわけではなかったが太陽は我家の東向きの窓からよく見えていて、6時半ころには欠け始めた。

 金環食は河原で見ようと思っていたので七時になると家を出た。黒目川沿いには日蝕を見るために集まった人たちがいっぱい居た。橋の上で眺める人やシートを敷いて河原で観測している人ご夫婦。私は散歩がてら河原を金環食になるまで歩いた。ダイヤモンドリングは確認できなかったが金環は完全に見えた。皆既日蝕ではないので世の中が暗くなるということはなかったが、日蝕が終る頃には「もういいでしょ」と言わんばかりに薄雲が覆いはじめて家に着く頃には雲に透けた白銀の太陽になっていた。

家に帰ってきてテレビを点けると六月何日かに金星が太陽の前を過るのが見るために、日蝕用眼鏡は捨てないようにと言っていた。ヘーそんなのも見えるんだーとなんだかだんだん天体づいてきた。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.266 sec. Powered by WordPress ME