蛇笏賞

DSC_1007     6月28日の蛇笏賞授賞式、今年は大牧宏さん。だが、この受賞のお知らせはご本人がしっかり受けたようだったが、受賞を受け取りにきたのはご本人ではなかった。でも、よかった。大牧さんは最晩年になってから、さまざまな大きな賞を受けられた。本来はもっと早く受けてもよかったのではないだろうか。

わたしは一度もお目に掛ったことがないまま月日が過ぎてしまっていたが、昨年の詩歌文学館賞を頂いたときには、一番に電話で祝ってくださった。あれが最初で最後の大牧さんとの電話の交流だった。
DSC_1006 

紫陽花が今年は濃く咲いた。
授賞式の翌日は所用で京都に行ったが、何処にもよらずにトンボ返り。ホテルの隣の小さな神社に、青々とした茅の輪が据えられていたのでお参りをしてきた。

バスの中から四条河原に張り出し川床が見えた。

コメント / トラックバック1件

  1. 深澤文子 より:

    お元気ですね〜
    京都へのトンボ帰りとは、
    ににん、夏号の正津 勉さんの掌篇集拝読して、ビックリ
    越前大野が、故郷とは、私の知人がここのお生まれ。
    竹内均さんの実弟さん、
    句会の後に会食したお店には、知人の浜岡さんがいらして
    ににんに参加させていただき、俳句は初心者ですが、懐かしい方々にバッタリ出会ったり、越前大野で食べたぶっかけ蕎麦の美味しいかった旅の思い出、心浮き立つことが多いです

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.308 sec. Powered by WordPress ME