記念号「澤」・句集「一陽来復」

『澤』七月号創刊八周年記念号   主宰・小澤 實

『澤』は毎年記念号の大冊(426ページ)を発行しているが、その都度テーマを持っている。前回は俳壇の若手特集だったが、今回は田中裕明特集。写真・書簡・に続き第一句集『山信』の複刻版。しかもこの句集は限定10部しか制作されなかったものだから、複刻版は貴重な資料となる。はじめてその句集が手書きの句集だったことも知った。

   新聞紙破れ鬼灯赤くなる
   我知らぬ人より母が柿もらひ
   日のあたる机に石榴割れてあり

それと小澤實選の裕明作品二百句。裕明俳句の鑑賞・評論で239ページを使う保存版である。結社誌というと内部に向けての発信が多い中、稀な見識を発揮した記念号。

         ~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~

中戸川朝人 第四句集『一陽来復』

    風邪の衣をつまみ運びに末子たり
    去りし背のいつまでもある黄沙かな
    桃つつむ気泡しろがね瀬音殖ゆ
    ひれ酒やうしろ戸に服噛まれゐて
    花茨川底は地の傾きに
    手をまはす幹より木霊土用波
    虫売の縄張ることをはじめけり

文学の描写力を発揮した一集。

          ~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~

コメント / トラックバック2件

  1. 電車 より:

    森賀まりさんから「澤」記念号が出るという話は聞いていたのだけれど、
    さすがに充実した号のようですね。まだ手に入るかなぁ。早速小澤實氏に
    頼んでみよう。「山信」は「青」の誌上に一挙掲載されたことで世に出た
    句集であり、当時の「青」も思い切った編集をしたものである。

  2. 電車さんへ、
    そうですね。私もまだ、田中裕明を良く知りませんでしたので、貴重な本となりました。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

アーカイブ

メタ情報

HTML convert time: 0.317 sec. Powered by WordPress ME