山本純子句集『カヌー干す』2009年9月  ふらんす堂刊

1957年生れ。詩集『あまのがわ』でH賞受賞。「船団」所属

  ねこじゃらしマックかマクドで待ってます

どのページを開いても面白い句集というのは、ほとんどない。しかし、山本氏の句集は面白い。それは、きわめて日常的な風景を、きわめて卑近な言葉で綴った俳句への親近感が作用するのだろう。あまりにも卑近なために、描かれている風景を、思わず自分の日常にダブらせてしまう。掲出句などは卑近ななかの卑近な風景だ。マックと呼ぶのは東京で、マクドと呼ぶのは関西であることから、景が広がっていくのである。

   廃船を描く人いて鰯雲
   秋の浜大人になったから座る
   一月の上半身をふと回す
   三月のはじっこへ来て山頭火
   豊の秋内緒内緒と叔母が来る
   山火事の昼は一人でケンケンパ

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

アーカイブ

メタ情報

HTML convert time: 0.237 sec. Powered by WordPress ME