「ににん」36号への掲載句

 ホームページ管理者岩淵喜代子の都合により、申し訳ありませんが、
暫く「ににん」投句コーナーを休止いたします。
~~~~~~★~~~~~~~~★~~~~~~~~★~~~~~~

信号の黄が赤になる敗戦忌          橋本幹夫
ほろほろと黄色き月や野分あと          新木孝介
黄昏に合歓のあかりのありにけり      西方来人
鬱蒼と黄泉路ゆくごと夏の寺            万香
硫黄島プロミネス知り梅雨の山           acacia
清志郎逝つてしまへり黄金花           こさぶ
黄昏や静かに植田灯をともす            桜丸
裏辻にひょいと置かれし黄のカンナ      西方来人
河骨の黄の一輪や昏き水             ピカンテ
誰も彼も黄昏色の生ビール          橋本幹夫
もろこしの一粒ずつに黄の光り          西方来人
黄昏れてゆくすこしまへ橡の花         倉本 勉
紫陽花に小さな黄傘がお辞儀する      内藤紅葉
黄昏のビギン流るる夏館            こさぶ
文化の日むかし硫黄木とふのあり       じゅん
風に揺れ重さにゆれりひまわり黄      西方来人
踏切を行きつ戻りつ紋黄蝶           ハジメ
ひまわりになる母と子のかくれんぼ         ひと子
たいまつの火の粉散らして鵜飼かな       ひろ子
 鶏頭や黄色のぼうし尖がらせ            万香
しずけさや空灼くる前の広島市     もとみやたかし
麦の秋画家に黄色な館あり          山口紹子
黄金仮面おたふくくぐる茅の輪かな      岩田 勇
黒髪に倦みて黄金に梅雨籠         門谷美保
白絣母の縫目の黄ばみかな         林 阿愚林
夏霧の中に黄色い声残る              さわこ
黄金虫一円硬貨舐めてをり           ハジメ
爪を黄に染めて奮闘夏蜜柑           横浜風
 幽玄の黄に染まり往く月見草          岩崎香雪
やや黄ばみなほ全力の火取虫            匙太
いきいきと黄の花ちらすゴーヤかな        遊起
ホスピスに笑ふ声あり黄のカンナ      橋本幹夫
見上ぐればのうぜんかずら黄橙色        万香
銀杏降る外苑たちまち黄一色          岩田 勇
岬みち蝦夷萓草の黄花みち        たかはし水生
振り向けば振り向く前を黄金虫          橋本幹夫
かき氷黄泉までは持ち得ざるとぞ       じゅん
墓前には母の好みし野菊の黄        なかしましん
ひまわりの空にあふれる黄色かな      青木治敬
黄葉散る時に少年目覚めたり          橋本幹夫
黄に染まりニッコウキスゲの山泳ぐ         華子
口先の黄色い秋刀魚買いなさい          ピカンテ
梅雨ながく黄色いからすを描きにけり       ひろ子
黄揚羽の翅ぐいぐいと蟻の穴          ミサゴン

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

アーカイブ

メタ情報

HTML convert time: 0.844 sec. Powered by WordPress ME