秋が来た

 

ca390165.JPG      ca390162.JPG

目黒雅叙園の庭にはいち早く秋が来ていた。
吾亦紅は小さな花とも言えない花なのだが、その色によって主張していた。女郎花は群生している。昭和三年に建てたという百階段の建物はいったいどんな人達が使ったのだろうか。なんと、あの「千と千尋の神隠し」の舞台になった部屋。

「ににん」の締切日は20日だから、明日から、すこしパソコンを開く回数が多くなる。一人で編集、一人で企画といった気楽さはあるが、体力と時間はきりもない。別ブログで、「原石鼎」 なるものを立ち上げたので、なお忙しい。まだ鑑賞の軸がきまらないのでぼつぼつとUPしている。私のペースでは書き馴れてきても隔日くらいでしか更新できないだろう。

そうだとすると、20人くらいの人にお手伝いしてもらわないと、毎日の更新は無理だ、現在7人の人に鑑賞をお願いしているが、今の培くらいの人数にするべきかと思っている。しかし、毎日更新ということが負担になるところもあるので、暫くは、ランダムな更新でいきたい。

これから一年の鑑賞執筆をお願いしている人(敬称略)。  

有住洋子(琉) 
五十嵐秀彦(藍生・雪華)
草深昌子(晨) 
木津直人(ににん) 
秦 夕美(GA) 
平田雄公子(谺・松の花) 
藤田直子(未来図)
麻里伊(や)

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

アーカイブ

メタ情報

HTML convert time: 0.246 sec. Powered by WordPress ME