「ににん」の句会

「ににん」の句会はいつも鍛錬会のようなもの。第一月曜日は五句の持ち句で句会と合評。そのあと、二回ほどの席題十句の句会を持つ。10時半開始で夕方までだから、あまり飲めないわたしも、その後のビールは美味しい。

実は次週の今日も同じような形で行なわれる。メンバーは「ににん」の一部の人と購読者で八人だった。ここのほうが平均年齢は高いかもしれないが、そんな年齢を意識させない句が飛び出す。11時から十句の持句の句会。その後席題10を決めておいてから食事に入る。

今日の席題は「次」「服」「明」「少」「意」「平」「種」「赤」「夜」「六」だった。これは一回目の持句よりも面白くなるのは、肩の力が抜けてくるからかもしれない。

***「次」
ふるさとや五十三次茶摘唄        M  
梅干して次にゆつくり眉を描く       U  
滴りの次々落つ岩割りて          T  
蛇衣を脱ぐ次第に空の明るみて     H  
次郎より太郎のさびし兜虫            I   
菖蒲湯に長男次男父の声         S  
餓鬼大将の次郎健やか端午の日    F

***「服」
晶子の忌服は毎日替へるべし      H
セーラー服どつと降りくる聖五月     U
更衣既製服は袖長し            T 
庭手入れ終え一服や柏餅         F
平服の新郎新婦紅薔薇          S
白服の女過ぎ行く築地塀         M

***明
明さんの少し遅れし初夏の句座     F
新聞は明朝活字夏休み          T
十薬の花の明るくなりし午後       I 
水音の札所の寺の明け易し       U
夜網船空の明かりを頼りとす       I
明年と言ひて終りし祭かな        H
凉さは小川未明の人魚姫         F 

***「少」
少年もときには阿修羅となる夜釣    I
少年と見えて少女や朴の花        M
清少納言驚かしたる植田かな       S 
紫陽花に少し怯えて立ちにけり      H

***「意」
しゅるしゅると鼠花火に意思生れ     I
夏木立意思決定は起立して        M
颯颯と意中の人の夏衣           S

***「種」
枇杷の種床の色なり見失ふ        K
目の前をゆくたんぽぽの絮に種      I
緑蔭や大道芸の種明し           M
夏木立サラブレッドの種馬に        U
種痘とは死語になりしか半夏生      T 

***「平」
蒔物のほどけば平ら走り梅雨        U
栴檀の花の地平を棲家とす         I
高々と平家の裔の鯉幟            F 
蝙蝠や平衡感覚衰ふる           T

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

アーカイブ

メタ情報

HTML convert time: 0.232 sec. Powered by WordPress ME