祝賀会

090328_13110001.JPG 

新横浜国際ホテルで「あすか」の祝賀会。同じテーブルのお隣は、いつお目にかかっても明るい秋尾敏さん。ほかに覚えているのは河野薫氏・勝又民樹氏・野田禎男氏・松尾隆信氏。挨拶に行かなければいけない方たちもいたのだが、行くチャンスのないまま終了した。

席を立ちかけたときに坊城俊樹さんのご挨拶をうけたので、随分前のことだが、ににんの祝賀会ご来駕のお礼を言った、というより言えた、という感じ。いつもは頭の回転が鈍くて後で気が付くのだが、今日はそうでもなかった。(自分へパチパチ)

そのあと「エイチャンでーす」という声にふり向いた。「えいちゃん」というのはマイミクの滋庵さんのブログによく出てくるお名前、すなわちミクシー名なのだ。勝手にイメージしていた風貌よりは大柄な方だった。

そのうち、どこかで「かぐら川で-す」とか「かわうそ亭でーす」とか声がかかりそう。「えいちゃん」こと鹿又英一さんも、滋庵さん経由でわたしのブログを読んでくださっているらしい。「こんど、伺いまーす」と言っても、勿論ミクシーブログ内でのこと。

クロークのところで、久し振りに酒井浩司さんにお目に掛ったら、「拝見しました」とおっしゃる。俳句あるふあの平林寺吟行の写真だ。「熟女って感じでしたよ」って言われたけれど・・・・?。

「あすか」主宰の野木桃花さんはまさしく、現在の俳壇の中枢をいく団塊の世代。これからが、結実期に入るのだ。新横浜駅へ向かう途中で、青柳志解樹さんがいい会だったね、とおっしゃった。来月は大牧弘氏の会があり、5月はその青柳さんの会がある。青柳さんは「鹿火屋」の大先輩。原裕先生と同世代だが、お元気だ。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

アーカイブ

メタ情報

HTML convert time: 0.247 sec. Powered by WordPress ME